会社概要 アクセス お問い合わせ 採用情報 画材部へ
額装について
コンセプト


大地堂は額縁の製造を生業とし、80年以上の実績を誇ります。
日本で欧州風の額縁など殆ど見られなかった当時。創設者である漆山俊次は現地フランスで学び、本国へとその経験と技術を持ち帰り根付かせました。
大地堂は額縁専門店として、その本場から持ち帰った技術と伝統を、時代と共に変化するニーズに応えながら育み続けます。

大地堂創設者漆山俊次は、1970年に額縁を世に広めるため単身フランスへ赴き、ルーブル美術館所蔵の額縁を撮影・裏方の取材研究を致しました。
額縁職人として、正式な取材をルーブル博物館に認められた初めての日本人です。

その後、初代が出版した『額縁の世界』は日本での油額の礎を築きました。
本書で掲載している写真はルーブル美術館の許可を得て、初代が詳しい説明を書きとめています。
この本の出版の折にはルーブル美術館より“額縁の本として本館が出版するべきものを遠い日本により作っていただき感謝する”との手紙をいただきました。
現在、『額縁の世界』は京都市美術館・各芸術大学にて所蔵いただいております。

Copyright (c) 2010-2019 DAICHIDO Co., Ltd. All Rights Reserved.