会社概要 アクセス お問い合わせ 採用情報 画材部へ
額装について
コンセプト


当店オリジナルの額縁はすべて職人が手仕事でお作り致します。一つとして同じ物は存在しません。
伝統のオリジナルの型を基盤に、経験と伝統が培ってきた感性と技術を注いで、お客様の作品に合うように、デザインから起こし直し、様々な過程の全てを手仕事で行います。
お客様に気に入っていただける、お客様だけの額縁を、細部にまで拘り抜いてお作り致します。


当店オリジナルの型より、お客様のイメージや作品に適した額縁お選びいただきます。
額装するお客様のお品物の大きさに合わせて、お作りするため、デザインを起こし直します。
その際に額縁の模様が全体のバランスに適合するようにいたします。


一つ一つの棹の状態からお客様の作品の寸法に合わせて切り出して作ります。
木地の肌目を整えるためヤスリをかけ組み合わせます。


お客さまの作品に合わせて、起こし直したデザインで型を作成し樹脂で額縁の土台を作ります。
額装するお品物のイメージや展示の目的などに合わせて全体のバランスを整えます。

額縁全体のバランスを踏まえた上で模様を加えたり、時には削り落として細部にまで拘り抜きます。
模様の欠損部や付け加える際には、末永くお使いいただけるように必ず同質の樹脂を用いて結合します。
一つ一つ、機械など一切使わず、手作業で型を整えております。


仕上げの効果は色付け、箔置き、古び、絵付け、クラッキングなど額縁により様々です。
箔置きでも金箔の種類や下地によって色味や光沢が異なります。


当店では箔押しは接着剤などを使わず水のみで本金箔を貼る物をAランクとし、ご予算に応じて箔の種類や箔押しの手法を対応させていただいております。
一口に箔押しといっても下地や白の種類により左の画像のように多様に存在します。
技術と素材を生かし、お客様のご要望にお応えします。

Copyright (c) 2010-2019 DAICHIDO Co., Ltd. All Rights Reserved.